ヤミ金被害はこちらの無料相談へ

ヤミ金被害|無料で相談できる闇金相談所

ヤミ金 返済金

ヤミ金の取り立てで困っている!
ヤミ金からのイヤガラセで困っている!

 

という方も多いことでしょう。

 

つい、お金がなくいてヤミ金から借りてしまった。
でも、その取り合ってが厳しい。
返済が滞ったら、イヤガラセがあった。
こういったことはよくあります。

 

取立てが厳しい場合や、ヤミ金からのイヤガラセがひどい場合、借りた本人がヤミ金とやりとりしても、取立てが止まることはありません。
逆に、取立てが厳しくなったり、イヤガラセがひどくなる恐れがあります。

 

かといって、警察に相談しても、なかなか対応してくれないのが現状です。

 

一番いい方法は、司法書士、弁護士に相談することです。
それも、ヤミ金の対応に力を入れている弁護士に。

 

ヤミ金の対応に力を入れていて、電話で無料相談ができるのは以下の司法書士、弁護士です。
24時間対応・全国対応なので、すぐに相談してください!

 

闇金被害の無料相談ができる司法書士の連絡先です。
闇金地獄から抜け出すキッカケにしてください。

 

ジャパンネット法務事務所
0120-758-685 (←タップでかけられます※スマホ)

東京司法書士会1392号 簡裁訴訟代理関係業務認定501079号

 

エストリーガルオフィス
0120-735-072 (←タップでかけられます※スマホ)

大阪司法書士会所属 第3524号 簡裁訴訟代理等関係業務認定番号 第612367号

 

ヤミ金の取立て、イヤガラセは続くでしょう!
今後、どんな厳しい取立て、どんなイヤガラセをされるかわかりません。

 

1分でも早く、1秒でも早く相談しましょう!
24時間対応、無料なので、すぐに相談してください!

ヤミ金から借りるパターン

消費者金融で借りる→限度額いっぱい→闇金から借りる

 

消費者金融で借りる→限度額いっぱい→クレジットカードのショッピング枠現金化→クレジットカードの限度額いっぱい→闇金から借りる

 

クレジットカードのキャッシングで借りる→消費者金融で借りる→限度額いっぱい→クレジットカードのショッピング枠現金化→クレジットカードの限度額いっぱい→闇金から借りる

 

このようなパターンで闇金から借りる人が多いようです。
私もだいたいこんなかんじでした。
ジャンプばかりで、なかなか元金が減りませんでした。
というか、ジャンプが精一杯(ジャンプとは利息分だけ払うこと。返済期日が延びる)。
ジャンプするために、他の闇金から借りる。
こうなると、もうパンクは近いです。

ヤミ金とは?

お金を貸して利息を取るという貸金業を生業として行うためには、銀行法や貸金業法などの法律の規制のもとで事業を行うことになります。例えば銀行などは銀行法によって規制を受けていますし、消費者金融や信販会社などは貸金業法によって規制を受けています。このような法律の規制に縛られていない、法律に違反している貸金業者のことを闇金融、つまりヤミ金といいます。貸金業法や銀行法では貸付にあたって上限金利が決められており、さらに滞納時などの取り立ての方法などについても法律によって厳しく規制されていますが、元々法律に縛られていないヤミ金はこれらの上限金利を無視した高金利で利用者に貸付を行ったり、取り立てなども非人道的な方法での取り立てや恫喝、脅迫まがいな方法での取り立てなどを平気で行うことがあるようです。ヤミ金は法律に違反しているため、仮に借りてしまったとしても返済義務がないのですが、ヤミ金を相手にこのような法律による救済を申し立てても、もともと法律に違反しているだけに意に介せず逆に過激な嫌がらせ行為などを行うことがあると言われています。

090金融とは?

090金融とは、事務所や固定電話を持たず、ケイタイ電話だけで営業している貸金業者のこと。
ほとんどが闇金と思ってよいでしょう。
利息もかなり高いです。

 

ヤミ金の情報はケイタイ電話の番号だけなので、実態がつかめません。
どこに事務所があるのか。
誰が経営しているのか。
といったことが、まったくわかりません。

 

090金融側にしてみれば、明かしている情報が少ない(ケイタイ電話の番号だけ)ので警察に捕まりにくいというメリットがあります。

 

ケイタイの電話番号から(ケイタイ電話の)所有者がわかるのでは?

 

と思った方もいるでしょう。
しかし、090金融が使っている携帯電話のほとんどは、「トバシ」と呼ばれているものです。
他人名義の携帯電話。業者から仕入れたり、借り手である客につくらせたりします。

ヤミ金の悩みや借金の悩みは相談すると楽になる

ヤミ金や借金のことで悩んでいる方もたくさんいることでしょう。
辛いですよね。
とくに、一人で悩んでいるのは辛いです。
解決の糸口が見つかればいいのですが、なかなかない。それどころか苦しくなる一方。
精神的に参ってしまうことでしょう。

 

そんな方に私ができるアドバイスは一つだけ。

 

思い切って相談してみてください。

 

これだけです。
私もかつて、600万円以上の借金がありましたが、相談したことで解決しました。

 

以下の司法書士は、ヤミ金・借金問題解決の実績が豊富です。
「ヤミ金・借金問題解決のプロ」というわけです。
あなたが相談し、状況を説明すれば、一番いい解決方法を教えてくれます。
相談料は無料です。

 

 

とりあえず相談だけでもしてみましょう。

ヤミ金の被害は警察に相談したほうがいい?

ヤミ金から頻繁に電話がかかってくる。
ヤミ金に脅された。
高い利息をずっと払わされている。

 

このようなヤミ金被害に遭われている方は、今すぐ誰かに相談したほうがいいでしょう。

 

では、どこに相談すればよいのでしょうか?
警察でもよいのでしょうか?

 

もちろん、警察でもかまいません。
ヤミ金自体が違法ですから、相談してもよいでしょう。また、相談した上で被害届けを出してもいいでしょう。
ただ、いろいろな方の意見を聞くと、ヤミ金の件については気が乗らない刑事も多いようです。
お金の貸し借りの話に首を突っ込みたくないのでしょうか。
遠まわしに「借りたほうが悪い」という刑事もいるようです。

 

ヤミ金被害の相談なら、弁護士、または司法書士をオススメします。
ヤミ金問題の解決実績が豊富な弁護士・司法書士なら、段取りよく解決してくれます。

ダイレクトメールによるヤミ金業者の広告

お金を借りたい人というのは自分で調べてお金を借りに行くという人が多いそうです。
ですから、正規の貸金業者であればわざわざ借りるかどうか分からない相手に対してダイレクトメールを送るというようなことは行わないといわれています。
ダイレクトメールを送るというコストは想像以上にかかるものですから、当然ですよね。
しかし、ヤミ金業者の場合には違います。
自分の存在をとりあえず多くの人に知ってもらい、一人でも興味を持ってもらうことが出来れば「カモ」を吊り上げることが出来るという意味で、ダイレクトメールを送り付けるという方法で広告を打つということがあります。
当然コストがかかりますので、できるだけ甘い誘い文句でお金に困っている人がつい借りたくなるように仕向けるわけです。
通常であれば考えられないような低金利をうたってみたり、正規の貸金業者であれば絶対に融資を行わないような人を誘い込むような広告を打ってきます。
ダイレクトメールを送ってくるような金融業者はまずヤミ金と考えて間違えがないので、決して融資の申し込みなどをしないようにしましょう。

ジャパンネット法務事務所のヤミ金トラブル相談

ジャパンネット法務事務所では、ヤミ金トラブルの電話相談とメール相談が無料でできます。

相談料0円
即対応
ヤミ金の元金(借りたお金)返済不要
5000件超の実績件数
ヤミ金トラブルの解決費用の後払い・分割払いも可能

 

ジャパンネット法務事務所 ヤミ金トラブル解決までの流れ

  1. 無料相談(電話またはメール)
  2. 受任契約
  3. 取り立て即停止
  4. 交渉
  5. 解決

ジャパンネット法務事務所 ヤミ金トラブルの電話・メール相談(無料)

 

 

 

 

フラッシュサイト石見百景 Access Up Avenue 投資系相互リンクSeo-P-link 内職 アルバイト